病児保育も対応。恩納村にある認可保育園です。

病児保育について

病児保育とは

看護師お子さんが軽度の病気・ケガのため、保育園や学校などの集団生活が困難で、保護者の事情により家庭での保育ができない期間、専門の保育士および看護師がお預かりする事業です。

恩納村では当保育園別館にて行っています。

病児室A


病児室B


対象となるお子さん

県内の市町村に住居があり、子どもが軽度な病気・ケガをしているお子さんで、保護者が仕事の都合、傷病、事故、出産、冠婚葬祭などの理由で、家庭保育ができない乳幼児および小学校3年生までの児童。

病気・ケガの範囲

入院、治療の必要はないが、安静のため保育園等には通わせられない児童。

  1. かぜ・消化不良症(多症候性下痢)など、日常かかりやすい疾病
  2. はしか(麻疹)・水ぼうそう(水痘)・おたふくかぜ(耳下腺炎)・風疹などの感染症
  3. ぜんそく等の慢性疾患
  4. やけど・骨折等の外傷性疾患

利用定員

1日あたり6名
※発熱児と感染症児等、隔離が必要な場合は、定員未満でも、お預かり出来ない場合がございます。

利用時間

月曜日~金曜日
午前 8:30~12:00
午後 12:00~17:45
※土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始はご利用いただけません。
※延長保育はありません。

利用料金

恩納村在住児:無料
恩納村外在住児:半日1,000円、1日2,000円
昼食・おやつ代350円(当園園児は無料※令和元年9月末まで)
※お昼をまたぐ場合、1日料金です。
※やむを得ず延長になる場合は10分単位で100円追加実費加算有り。

その他

  • 病児保育の利用には医師の「家庭医連絡票」が必要です。
  • 当日予約も可能です。(ご利用時間により、食中毒予防のため昼食をご提供できない場合がございますので、診察終了時に電話にてご確認をお願いいたします。)
  • お弁当持参可能。(アレルギーや戒律により、食べられない食材がある子どもに関しては、お弁当の持参をお願いいたします。)

利用手順・ご予約方法 ※前もって予約をお願いします。

お子様が発病
病院受診

医師に病児保育を利用する旨を伝え「家庭医連絡票」の記入をお願いしてください。

病院受診後

病児保育室に電話予約をしてください。
※家庭医連絡票に記載の診断名、薬の有無、安静度等、お子様の詳しい症状をお伝えください。

利用当日

必要なものをご持参ください。

病児室利用日

準備するもの(全ての持ち物にお名前をご記入ください)

  • 着替え上下、下着各3組
  • 手拭タオル2枚
  • フェイスタオル2枚
  • 汚れ物入れ ※ビニール袋
  • オムツ5~7枚(おしり拭き)
  • 病院処方のお薬 ※一回分を持たせてください
  • お弁当(必要な方のみ)
  • ミルク・哺乳瓶(必要な方のみ)

一日の流れ

病児保育の1日の流れ

各種書類ダウンロード

病児保育に関する申請書類をPDFファイルでダウンロードすることができます。
申請の場合はプリントアウトのあと、ご記入の上提出をお願いいたします。

pdf 病児保育利用届・同意書・児童表

pdf 家庭医連絡票(医師記入)

pdf 病児保育送迎は事前申請登録後利用可能となります

下記の申請書類をダウンロードする場合は、パソコンからアクセスしてください

  • 病児保育利用届
  • 同意書
  • 児童表
  • 家庭医連絡票
  • 支給認定証見本
  • 送迎利用規約
  • 送迎依頼書・登録